自分で化粧水を作る

基礎化粧品

自分の肌を維持するために

毎日習慣的に肌につけるのに外せないものが、化粧水や乳液などのような基礎化粧品です。その基礎化粧品は、自分の肌に合うものが見つかれば継続して使っていくものですが、敏感肌など肌が弱い人は自分の肌に合うものを見つけるまで時間がかかることもあります。いろいろな化粧水や乳液をテスターで試しにつけ、敏感に反応がなく肌に潤いを与えることができるものが見つかれば、それを購入し使い続けていくことができます。しかしメーカーによっては、独自の都合からずっと使い続けていた基礎化粧品が廃盤となり、販売しなくなるケースがあります。そうなるとまた、自分の肌に合うものを探して見つけていかなければなりません。基礎化粧品は肌に潤いを与えることに限らず、肌荒れの改善やシワ・たるみを予防するための栄養素を肌に浸透させることができ、年齢に逆らえる効果を感じ取ることができます。もし、なかなか自分に合った基礎化粧品を見つけることができない場合、その探している期間内だけ予備の基礎化粧品を独自で作ることができます。材料は精製水とグリセリンを混ぜるだけです。保存料が入ってないため、1週間ほどしか保存が持ちませんが、肌が弱い人には良いものとなります。しかしこれはあくまで、今の肌の調子を維持させるためのものであり、ハリのある若々しい肌を作ることができるものではありません。いろんなものをテスターで肌に試しながら、良い基礎化粧品が見つかるまで肌の調子を維持させる効果のあるものを用意するために使用するものです。