UVケアできるファンデ

基礎化粧品

気を付けたいポイントとは

化粧品の中でも特にファンデーションは、メイクの土台となるベースメイクをする際に必要不可欠な化粧品です。女性であれば必ずといっても過言では無いほど、持っているファンデーションですが、最近はUV対策できる化粧品も増えています。UV機能がついているファンデーションを使えば、日焼け止めといった他の化粧品を使わなくても、紫外線対策できるので便利です。特に夏場は化粧品を重ね塗りすると汗や皮脂で化粧崩れしやすくなるので、少しでも使用する化粧品を減らすために、UV機能のあるファンデーションでメイクしてみましょう。日焼け止めの使用を省くことができるため、化粧崩れを起こしにくくなり、さらに化粧直しもしやすくなるというメリットがあります。ただ、肌質によってはファンデーションに含まれる紫外線対策成分で、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。敏感肌や乾燥肌で刺激を受けやすい肌の状態になっている場合、紫外線散乱剤という紫外線カット成分を配合したファンデーションを選ぶのがおすすめです。紫外線散乱剤は敏感肌用の日焼け止めにも使われる程、肌への負担が少ない紫外線カット成分なので、肌状態が悪いときでも比較的安心して使えます。しかし、紫外線散乱剤は肌に乗せると少し重たい印象を、感じる人も少なくないようです。特に肌トラブルは無い、使用感の軽いファンデーションが好みという場合は、紫外線吸収剤という紫外線カット成分を配合した商品を選ぶと良いでしょう。